フリーランスとして活躍するためのはなし

このエントリーをはてなブックマークに追加 
  

フリーランスとして活躍記事一覧

フリーランスって、改めて考えるとどんな状況でしょうか。・会社などの勤務ではなく、個人で運営している・フリーランスでもプロジェクトに参加することはある・お客さまと直接交渉・メインの仕事以外の仕事がたっくさんある(営業から会計などなど)・好きなところで仕事ができる(場合が多い)・設備は自腹・スケジュールが組みやすい(場合もある)自分のスキルを頼りに、団体に属せずお仕事する…という感じでしょうか。とはい...

WEB制作って、実は仕事の内容がすごく多岐にわたっていたりします。ターゲット、目的、デザイン、構成、内容、プログラム、ソーシャル、SEO…、並べてみるとこんな風。プログラミングと外向けのSEO以外は全部自分でやる感じになると思いますが、これって結構ボリューミィ。実際の制作に入る前に、良く計画しておかないとマズイことになります。内部SEOはコーディングより前に考えておくべき点ですし、それをするには基...

WワークをOKとしている会社も多く、ひとつの仕事に捕らわれないスタイルが、社会を見ても少しずつですが増えてきているのが分かります。理由としては(1)収入の補填(2)手持ちのスキルを活かしきれていない(3)今まで経験したことのない分野に挑戦したいというところが大きな柱だと思われます。定時で上がることが比較的多い仕事であれば、副業が出来るチャンスがあります。また、メインの仕事が多く、なかなか時間を作る...

自分がフリーで仕事をしていると言うと「じゃあ、頼みたい!」とあなたの友人が言ってくるときがあるかもしれません。仕事を始めたばかりであれば、当然顧客も少ないので「え、いいの?もちろんお受けするよ!」と、言いたいところなのですが、すぐお返事をする前にちょっと考えてみてください。あなたはその友人とビジネスができるでしょうか。友人との関係を保ったまま仕事をすることは、実は見えないハードルが多々隠されている...

フリーランスで自分がやっていけるのかどうか、どの地点でその判断が出来るか迷ったことはありませんか?フリーで活躍する時期はいつなのか。結論から言ってしまえばそれは「今」です(林先生?)。というか、いつでもOKなのです。あなたがやる気さえ持っていれば!というのは、知識や専門的なノウハウはいくら積んでも「これでよし」と言うところに行きつかず「もっと勉強しなければ」「まだまだ未熟だ」と感じ、いつまでたって...

フリーでWEB系の仕事をしているというと、制作現場は自宅がメインになることでしょう。もちろん私もそうです。自分のPC、使いなれたペンタブ、プリンタ、文房具…。スキルを磨いてそれに沿った仕事を、自分の時間管理の中で行い、お金も貰えるんだから、「フリーランスって自由でいいな」と思いながら仕事…。…とは行きません(汗)仕事があるならその仕事に専念すればよいでしょうが、その仕事自体をどうやって持ってきたら...

求人広告の会社に派遣で行ったことがあります。覚えることも多く、デザインを作る上でのガイドラインもかなり細かく設定されていました。紙ベースの仕事はこなす自信を持って行きましたが、型にはまったなかで良いデザイン・訴求力のあるレイアウトを作るということは予想していたよりも大変でした。その時の同期はまだ若く25歳前後だったかな、美術系大学を卒業後まだ定職につかずにいたという話でした。とてもまじめで、言われ...

重要なことではありませんが、「今の自分のスキルがどのくらいあるのか」という部分を知りたいと思ったことはありませんか?自分の作品を周りに見せた時の反応を見ただけでは、自分の知りたいスキルレベルは測ることが難しいですよね。「これ、自分で作ったの?」「こんなことも出来るんだね」「カッコいいね!」自分のスキルを知りたい理由の一つとして、フリーランスで自分が通用するのかという「不安」を「安心」にしたいという...

「知識・経験ない」という状態で、年齢的にも転職が難しくなってきたようなころだとしても、やる気があればイケる!と私は思っています。(経験から)でも「やる気」だけではダメですよね。勉強することで知識ゼロだった自分を「ゼロからイチ」にしていく必要がありますし、制作経験なしというところも自分で勉強がてらポートフォリオを作っていくことで「慣れ」ていくことも大事です。アプリケーションの動かし方は、自分なりの制...

このサイトでは独立してフリーランスになりたいあなたを応援するものです。そして、フリーランスになることを迷っているあなたに対して、私のように条件が悪い者でも実現することが出来たという経験を知ってもらうことで「自分にも出来そうだ」と思ってもらいたいサイトです。そこで少しだけ注意なのですが、確かに私は知識ゼロ・スキルゼロからスタートして今ではフリーで動いています。でも、そうなるにはいろいろな道のりを経て...

独立するためには、少しでも会社勤めをして実績を作るということも大切だというお話を=実績の必要性=でしました。お客様の立場になって考えてみてください。社会経験を積み、きっちり仕事が出来る人に頼みたいと思うのではないでしょうか。何よりも、社会生活の中で仕事を覚えていくことは、協調性や対応力(コレ大事)を育てることになるので、決して無駄にはなりません。でもしかし。「スタートしたいと思った時に未経験からと...

フリーランスになるにしても、デザイナーとして勤める場合にしても、いったいどのくらいのスキルが必要なのか…。例えばIllustratorが扱える方と書いてあっても、それがどのくらい使えることを言っているのでしょうか。難しいですよね。そういった場合には基本的にはポートフォリオ(作品集)を持って行き見てもらいます。自分はこんな作品が出来る、これを作るにはどのアプリケーションをこのように使っている、着想は...

例えば二つのレストランがありました。Aの店この店は非常に味が良く料金も安価ですが店員の態度が非常に悪く、笑顔が一つもありません。Bの店この店は店員がいつもニコニコ。とにかく雰囲気のいい店ですが味が今一つ。まずくは有りませんが、パッとしない料理の味です。こんな時にどちらの店を選ばなくてはならないとしたら、どちらにしますか?選ぶときは「メリット・デメリット」や「優先すべきことの達成率」を考えるようにし...

自宅に居ながらにして仕事を持ってこれることが出来れば、パソコン1台あればどこでも仕事が出来る…状況になりますね。仕事の内容によっては高スペックなノートPCを用意する必要があるかもしれませんが、メインの制作は自宅のデスクトップで仕上げるとして、構想や文章部分の制作は動きながらでも出来るので便利です。有名どころとして・クラウドワークス・ランサーズ・ジョブハブなどがあります。ご存知でしょうか。「コンペ8...

仕事に対しても人に対しても、やる気が高い人はすぐにレスポンスを返す傾向にあります。習慣になっていると思ってもいいくらい、レスのスピードが速い。これはつまり質問に対する回答が早いということですよね。例えば「この仕様に対する見積はいくらくらい?」「この仕事の納期はどのくらい?」そういったクエスチョンについて出来る限り早く解凍する努力をします。責任感が強くまじめであればあるほどに、こういった傾向がさらに...