フリーランスとは?現役フリーランスからの視点

フリーランスとは?現役フリーランスからの視点

フリーランスって、改めて考えるとどんな状況でしょうか。

 

・会社などの勤務ではなく、個人で運営している
・フリーランスでもプロジェクトに参加することはある
・お客さまと直接交渉
・メインの仕事以外の仕事がたっくさんある(営業から会計などなど)
・好きなところで仕事ができる(場合が多い)
・設備は自腹
・スケジュールが組みやすい(場合もある)

 

自分のスキルを頼りに、団体に属せずお仕事する…という感じでしょうか。
とはいえ、横のつながりは非常に大事です。

 

トレンドを個人で追い続けることはキツイですし、WEB制作について昨今では守備範囲が広がる一方。デザイナーがプログラミングの素養を必要とされることはざらです(その逆も)。

 

そんなときはやはり、組める相手がいるといないじゃ大違い。外注でまわすことも可能ですが、初めて使う場合はエラーが起こるかもしれないというリスクも秘めています。出来れば少しでも知り合いと仕事したいって思います。

 

こんな風に横のつながりを大切に、フリーランス同士で支え合っている場合が多いです。仕事回しももらったり、お願したり。というわけで、完全なる孤独な人=フリーランスというイメージがあるとすれば、そこは少し違うようです。

フリーランスの収入はどれくらい?

フリーランスといっても、さまざまな業種があります。仕事の内容により収入はピンからキリまであるでしょう。

 

基本的には個人で立ちまわって、納品までクローズ出来る内容がフリーランスで成立しているお仕事だと思います。
収入面では、考え方が人により様々で

 

生活出来るレベルの収入ならOK
年収○○以上稼ぎたい
月収○○以上稼ぎたい
最終的には人に任せてオーナー経営で収入を得たい

 

と、夢や希望がいろいろあると思います。
実際には会社勤めのサラリーと違い、仕事があるとき・ないときと、収入には波があるため「月収」で考えるなら「年収を12で割った平均」となるのじゃないかな~と思います。

 

私の持っているスキルはデザイン制作であったり、WEB制作なのでそちらの方面で動いていますが、実際には「収入につながるビジネス」であればそれにこだわることもないと思っています。

 

ただ、昔からHP制作が好きだったし、デザインすることも好きなのでこの業界以外というとどこで働けばいいのか、いまいち思いつきません(笑)

 

いずれにしても、お客さまからお金を頂いてお仕事するからには、要望に沿ったものを出して行く必要があるので、それが出来ることでなければいけません。

 

依頼を受けた仕事が自分一人の手に余る内容の時もあります。そんな時は同業者に声を掛けて分業したり、アウトソーシングします。全部自分でやろうとせず、アウトソーシングした方が良い場合も多いです。

どうすればフリーランス・WEBデザイナーになるのか。

わたしはWEB制作や広告全般のデザインなどをメインにお仕事中です。
フリーランスというと「個人事業主」の届を出していても「法人化」しないかぎり「個人」になります。

 

個人との仕事のやりとりは「しない」「遠ざける」という企業もあります。が、自分が実際に取引されるクライアント様からは打ち合わせ時間や急なサイト更新などにすぐに対応してもらえて助かると、言って頂ける事が多いのでそこはあまり心配しなくても大丈夫だと思います。

 

逆に自分のスケジュール管理で動けることでとても小回りが効く状態なので重宝されます。

 

株式会社として法人化すれば、世間的な一定の信用を得られるかもしれませんが、仕事の内容によっては起業しなくても十分やっていけるんですよね。法人税もバカにならない…。

 

業種にもよるのですが、わたしのような仕事であれば、独立するからと言っていきなり法人化する必要はないと思われます。たくさん稼いで「儲かって仕方がない、時間が全然ない!」という状態になってからで遅くないでしょうね。

 

「個人事業主」としての申請も一年の売り上げ1000万円以上を目安にされるケースもあるようです。

 

では、いつからフリーランス・WEBデザイナーになるのか。
これは、「わたし、デザイナーの○○です!」と言ったその時!です。

このエントリーをはてなブックマークに追加