フリーランスとして活躍するためのはなし

WEB業界で、初心者が年齢と未経験で働けない場合

独立するためには、少しでも会社勤めをして実績を作るということも大切だというお話を=実績の必要性=でしました。

 

お客様の立場になって考えてみてください。社会経験を積み、きっちり仕事が出来る人に頼みたいと思うのではないでしょうか。何よりも、社会生活の中で仕事を覚えていくことは、協調性や対応力(コレ大事)を育てることになるので、決して無駄にはなりません。

 

でもしかし。

 

「スタートしたいと思った時に未経験からとってくれる会社がない。」
「この年齢で未経験は難しいといわれ断られる」

 

というケースもあります。
やる気はあるのに実績がつめない辛い状況です。

 

どうすればいいでしょうか。

実績がない場合は「現物」で勝負!

未経験だとしても、今の時代は書籍やネット情報からあらゆる情報を簡単にキャッチできる時代です。これはつまり「自学でも結構いいところまでイケる」という意味を持っています。

 

これがプログラミングなどの場合は、師匠となる人が必要であったり、多少の質問に応えてくれる状況がないと前に進めず挫折…。ということも起きやすいかもしれません。

 

しかしこれが、デザインの基礎知識~デザイン制作 or WEB制作~SEO基礎知識というジャンルでは自学で進めらる部分が非常に多い。これを上手く利用して、ある程度勉強したら「制作」してください。

 

紙媒体で働きたい人は、家に入ってくる「広告」を模写してひたすら作ってみるのもいいでしょう。WEB制作したい人はニュースサイトや美容系、飲食店系、会社系のサイトで参考になるサイトを模写して作ってください。

 

どんな構造なのか、どういうターゲットで作られたものなのかなどを推測しながら作るとより一層理解が深まると思います。
ある程度模写が出来るようになってから、オリジナルの制作物を作ります。

 

制作物にはコンセプトをつけて、ターゲットや趣旨、デザインレイアウトでこだわった点を文章で添えます。

 

このように自分がどこまでできるのかをアピールする材料を増やします。
デザイン、制作の現場は「仕事出来る人」「コミュニケーション能力のある人」であれば雇ってくれます。しかし、年齢や未経験などで書類選考で落とされてしまうのは確かに現実です。

 

だからといって、ここで諦めてしまう訳には行きません!
他と差を付けてやりましょう。

 

用意した制作物をサーバーにアップしてアドレスを職歴に載せます。印刷したものも添付するとよいでしょう。
「自分は未経験ですがこのような制作は可能です。御社の力になるために骨惜しみせず最善を尽くします」と書いたらかなり採用確率は上がると思いますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加