こんなことまでやるの?WEBデザイナーの守備範囲がどんどん増えるワケ。

こんなことまでやるの?WEBデザイナーの守備範囲がどんどん増えるワケ。

WEB制作って、ひとくちに言っても実際には仕事の内容がすごく多岐にわたっております。

 

分業する場合の作業なら「デザイン」「コーディング」「構成」「SEO」「執筆」「キャッチ」「定期観測」などなど、それらを各自担当が行うことになりますが、ひとりですべてをやるとなれば結構やることいっぱいになります。

 

もっとざっくりいうならば、WEBサイトの作成には「外側の制作」「内側の制作」があり、内側の制作には「プログラミング」などを含めたエンジニア系の技術が必要になる場合が多いでしょう。

 

正直わたしはプログラミングをイチから作り上げることはできないので(いや、少しは出来るけども)、それ以外の業務で自分が出来ることを受注するカタチです。

 

それはフリーランスでやってるんだから、そういうことになるんじゃないの?と、思われるかもしれませんが、派遣で出向する際にも「できること」の範囲が昔より多くなっているように思います。

 

結局、企業さんもお金を払って派遣を雇ってはいるけど、業務担当後に派遣を雇うということはあまりないのが現実。つまり、現場では「WEB担当」とひとくくりにされてしまうため、あれも、これも、と「WEBに関わることなら出来る人扱い」となるケースが多いと思います。

 

仕事をもらう前に自分の守備範囲を明確にすることで、トラブルは避けられるし、できない要求を断ることもできるので、まずは【伝えておく】ということが大切になってきます。

WEBデザイナーが現場で求められるプログラミングってどんなもの?

出来ることだけやっててもお仕事は出来るのですが、「求められる要求」に対して出来るだけ応えたい。というのもまた心情。

 

では実際どんなことが現場で要求されやすいか、わたしの経験からの情報をお伝えしますね。

 

それはずばり「PHPプログラミング」です。

 

理由は簡単で、昨今の企業サイトはwordpressで作られたサイトが非常に多くなっており、wordpressで仕事できるよ、テーマ作れるよ、といったスキルだけでも派遣で立ち回ることが出来るくらい人気があります。

 

そのwordpressはphpプログラミングがメインとなるCMSなため、「ちょいちょい」と内部構造をいじくる際にも、PHPプログラミングの基礎があると非常に役立つわけです。

 

wordpressのタグやphpファイルなどを見たことがある人も多いと思います。<? php ではじまるタグがそれにあたります。

 

また、ネットに落ちているさまざまな便利ライブラリもphpの基礎がわかっていると、少しカスタマイズ出来たり、書いてあることの意味がわかったりしてとても便利。

 

これからプログラミングの勉強をするなら「PHP」を強くおすすめいたします。

PHPプログラムを自宅で効率よく勉強する方法

で、わたしももれなく、空いた時間を利用してPHPを独学しています。

 

その際に役立つ書籍をお知らせしますね。

 

PHP逆引きレシピ

PHPで出来ることが逆引きでインデックスされているため、まずはPHPの全容が把握できます。
また、書いてあるコードを参考に実際にどんな動きになるのか試しながら学習できます。
以前オンラインで受講した「WordPressコース」のコーチもこの本を薦めてくれました。


 

初めてのPHP

この本は、ネットの口コミは賛否あるものの、少し基礎が理解した後なら、内容を把握しやすいと思います。
さっぱりと簡潔に書かれているところが、逆に難解なイメージに見えるかもですが、初中級者以上なら問題ないと思います


 

WordPressWeb開発レシピ

こちらはPHPの専門書ではないものの、WordPressとPHPとの関係性や、PHP+WordPressで何が出来るかというところを把握できるため、読んでおいて損はないと思います。自作テーマを作る際のアイデアとしても利用できます。


 

この手の書籍は、コード記述などに誤植が紛れている場合は多いです。なので、実際に使う前には「本のタイトル+正誤表」と検索し、間違っている箇所がないかどうか確認することをお勧めします。知らずにコードを記述して「動かない!動かない!」と言っている時間はとてももったいないので!

 

 

 

きっちりがっつり勉強できなくても、基礎の部分を理解することでこんなことが出来るようになりますよ。

 

「画像をスライドショーにする」
「アコーディオンメニューを設定」
「横から出てくるメニューを設定」
「タイムラグをつけて画像や文字を出現させる」
「パララックス効果(視差)やエフェクト効果を使う」

 

ぶっちゃけ、これが出来なくても仕事はできるけど、多岐に対応できるスキルを持っていれば、いざコンペになったときや人材を選ばれるときの強みになることは間違いないですよね。

 

PHP以外にも、JavaScript、jQueryあたりの学習をすと役立つと思われます。

オンライン学習でWEBデザインなどを学んでみた。

書籍で独学できるタイプならいいけれど、自分ひとりでもくもくと作業をすることで挫折してしまうという人もいますよね。

 

私自身はどちらかというと、書籍+独学が苦にならないタイプ。

 

それでも、「本当にこの知識であっているのか?」「ちゃんと通用するのか!?」という懸念もあったので、復習を兼ねてオンライン学習をしたことがあります。

 

「Webデザインコース」と「WordPressコース」の2つを学びました。そのスクールでの学び方は、基本的には学習ページがあり、書いてあることに沿って進行するのですが、ダイアログごとに「学習確認」のようなものを提出し、コメントをもらうスタイルでした。

 

このほかのポイントとして、パーソナルコーチ(?)みたいな、自分専用のコーチがついてくれたこと、ほかのコーチにも学習内容をチャット形式で相談できることがとても有効で、学習している以外の悩みや学習相談も受け付けてくれたし、細かく答えてくれました。

 

結局、わたしの場合は前もって独学した部分があること、また実務経験もある状態で受講したので「復習」の要素が強かったわけですが、これ以外にも今現在のトレンドや無料で便利に使えるツールや方法などを知ることが出来て満足しています。

 

ちなみに私が受講したのはTechAcademy [テックアカデミー]というところなのですが、かなりいろいろなコースを用意しているので、もしオンライン学習を考えている人は一度チェックしてみるといいかもしれないです。

本格的なシステムを要求されたらどうすればいいの?

場合によってはオリジナルなプログラミングを制作する必要があるかもしれません。
小さなシステムならまだしも、厳重なセキュリティを必要とするようなシステム作成は「知識」だけでなく「大量の時間」もかけることになります。

 

例えば「ショッピングカート」や「予約システム」をゼロベースで作るとか…(^^;)

 

お客さんは、「頼んだものによっての作業量などわかっていない」場合も結構あるので、「こりゃできないわ」と思った内容は、わたしなら正直に伝えますね。

 

費用が掛かること、外注に依頼することなどを提案します。予算が少ないお客さんの場合、代替え案を出してあげればそちらにすることも多いです。その辺は臨機応変になりますね。

 

大事なのは、無理しすぎないこと。
自分自身にもリスクが高いだけでなく、お客様にも安心安全な納品を提供できるのかわからない場合は、正直に話す勇気も必要だと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
  
トップへ戻る