フリーランスとして活躍するためのはなし

WEBデザイナーの守備範囲が広がっている!一人でできない仕事は外注を!

WEB制作って、実は仕事の内容がすごく多岐にわたっていたりします。
ターゲット、目的、デザイン、構成、内容、プログラム、ソーシャル、SEO…、並べてみるとこんな風。

 

プログラミングと外向けのSEO以外は全部自分でやる感じになると思いますが、これって結構ボリューミィ。
実際の制作に入る前に、良く計画しておかないとマズイことになります。

 

内部SEOはコーディングより前に考えておくべき点ですし、それをするには基本的なSEO知識は必要になります。また、外向けSEOはその道の業者様に任せるとしても、公開してからのGoogleアナリティクスやサーチコンソールの設定くらいはサービスでやっておきたいところです。

 

ふー、やることいっぱいありますね。

 

プログラミングに関しても、開発とは行かないまでも簡単なライブラリを動かすくらいは出来るようにしておきたいところ。

 

「画像をスライドショーにしたい」
「アコーディオンメニューにしたい」
「横から出てくるメニューにしたい」
「タイムラグをつけて画像を出現したい」
「パララックス効果を入れてほしい」

 

などなど、お客様はいろいろな要望を言われます。

 

但し、ある程度のものはライブラリに用意されている場合が多く、少し調整すれば自分で設定出来てしまうと思います。そうなるためには、基本的な勉強が必要です。PHPと、JavaScript、jQueryあたりの学習をされると役立つとおもいます。

 

しかし、場合によってはオリジナルなプログラミングを制作する必要があるかもしれません。まさかそこまで自分一人でこなそうとは思わないでしょうけれど、もしやるとなると、「知識」だけでなく「大量の時間」もかけることになります。

 

ここまでやってしまうのはあまりお勧めできません。自分自身にもリスクが高いですしお客様にも安心安全な納品を提供できるのかどうかやや不安なところです。

 

ショッピングカートや予約システムなどは、システム会社の利用で済むと思いますが、開発系のプログラミングはやはり専門のかたに頼むのが一番です。

 

横のつながりがあれば、予算と内容を相談して掛けあう事も出来るでしょう。最近ではソーホー系の登録会社を利用するケースも多いようですが、はじめての利用となると信用度がわかりませんのでこれもやや不安。

 

知り合いがいない場合で、外注利用もはじめての場合は専門業者に頼むのが安全だと思います。
もちろん経費は掛かりますが、最初のうちはそれも勉強になりますし、「時間節約」という部分をお金で購入できるのであれば、得策だと思います。

 

少し脱線しますが、ビジネスで成功されている方が一番欲しいと思っているもの。それは「時間」なようです。時間だけはお金で買えません。だから少しでも時間を節約できるのであれば、成功者はお金をたくさん払うとしても、そちらを選ぶと思います。

 

デバッグが大切

その様にして、自分で出来る仕事と「外に出す仕事」というのをはっきりしておくことで、効率的に仕事が出来ます。

 

わたし自身は勉強すること自体が好きだったりするので、プログラミングのことも出来るだけ勉強したいのですが、基本的なところくらいでやめています。

 

というのも、プログラミング言語にもトレンドがあり、追っても追ってもきりがない…。という現状だと思っているからです。自分のメインの仕事も深みあるないようです。(デザイン、WEB、マーケティング)

 

これ以上手を広げることは危険!だと思い始めたので、あまり深追いしないようにすると決めました。ただ、わたしのお客様には幸いにも(?)難しいプログラミングや開発を希望される方がいまのところいらっしゃらないため、それほど外注費がかさむことはありません。

 

でも今後何かあれば、迷わず外注を使いますし、同時に頼み方や仕組みを学び次につなげようと思います。

 

経済的にも、時間の節約としても、

 

全部自分でやるという事はその後の利益につながらないことがあります

 

 

ので、出す時は出した方がいいですね!というお話でした。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加