人脈ゼロからはじめるネットワーク

人脈ゼロからはじめるネットワーク

フリーランスで仕事を始めたばかりのときは、なかなか思うように仕事をみつけられないことも多く、知人や周囲から声をかけてもらう小さな仕事が本当ににありがたい…!と実感します。

 

 

 

やはり「人脈」は宝なんですよね。「人脈は金なり」という言葉もあるように、人とのつながりは、それこそが資産になるほど大事でもあります。

 

 

 

とはいえ、だれでもみんな有効な人脈を持っているかというと、それは違います。

 

 

こんなことを言っているわたしも、人脈はどちらかというと乏しい方です。友達もそれほど多くないですし、学歴も浅いため知り合いと言えば社会に出てからのものばかり。これだとなかなか深い関係にならなかったりするんですよね。

 

 

 

そういう場合は、どうすりゃいいの!?

 

 

 

ってことなのですが、結局のところ、答えは…

 

 

 

「人脈がないなら作ればいい」

 

 

ということになるんですよね。

 

 

あたりまえだろ~!と、お叱りを受けそうですが、やっぱりそうなんです。

 

 

いくら優秀で有能で作業が早くても、自分一人はできないことって多いんですよね、残念なことに。
これは認めざるを得ない。

 

 

でも、「人脈は大切なんだ」ということを少しでも意識しながら過ごすことで、「人脈構成アンテナ」みたいなものが少しずつ出来上がっているように思います。

 

 

お客さんに対する対応や、新しい出会いがあったときの身の振りが自然に変わったりするのです。
そして、「このご縁を大事にしよう」という気持ちを持っていると、なんだか自然と人脈が広がっていくように感じます。

 

ぼんやりとした回答で申し訳ないのですが、『自分は人脈に乏しい』そう思っている人は、とにかく「一期一会」というか「出会いを大切にする」という意識をどこかに持った生活を送ってみてください。それだけで、何かが少しずつ変わっていくと思いますよ!

危険!「人脈=お金」って考え方は心を貧しくするかも。

 

ビジネスするために必要なツール??

 

 

いや~、それはまずい考え方ですよね。嫌われそうです。

 

そういう考え「人脈=マネー」的な思考で動いている人って、上手く稼いでいる人もいますが、なんとなくいや~なオーラを出しちゃっている気がします。

 

わたしが思うに。

 

最終的に人脈があることでビジネスを有利に動かすことが出来るとしても、優先する気持ちを間違えてはいけないって気がします。

 

つまり「人脈」とは「人とのかけがえのない出会い」であり、これは何に発展するかわからない。良くも悪くもです。でもそれが、自分の人生に何かしらの影響を与えることがあったり(ないかもしれないけど)、人生を彩ってくれる要素になってくる可能性があるということです。

 

できれば、そういう観点で人脈を作って行ってほしいと思います。

 

そうすれば、その出会いはビジネスではなかったかもしれないけど、とても良い出会いとなり、長年の付き合いに変わるかもしれません。

 

自分の人生に、ビジネスやお金以上の良い影響をもたらしてくれるかもしれないわけです。

 

 

人脈があまりないという場合には、ネットワークを広げるという意識で動いてみましょう。
自分と同カテゴリのネットワークを広げていくことで、自然な流れで仕事獲得に近い環境が作られていきます。

フリーランス成功術!人脈を作る3つの方法

では、私の経験から人脈を作りやすかったシーンをご紹介します。

 

セミナーに参加する

 

自分のスキルや業種にあったセミナーや講習会に参加することで、同ジャンルの人たちと一気に顔合わせすることができます。

 

この時に忘れてはならないのが「名刺」です。かたっ苦しいものじゃなくてもよく、できれば自分の顔写真がプリントされているものがおすすめ。こうすることで、渡された相手が後から思い出してくれやすくなります。

 

ひとことメッセージが添えてあれば、それも個性があってマル。

 

実際に、セミナーに行って声をかけるという勇気が出にくい場合でも、名刺を片手に持っていれば「あの、、わたし、、こういうものですが、、、」と言いながら名刺を渡せて「キッカケを作りやすい」状況になるのです。

 

無理に沢山話す必要もなく、成り行きでいいと思います。でもこんなキッカケでSNSを交換したり、それをもとに「いいね」や「メッセージ」を送ることもできます。

 

一つ上のジャンルも攻めてみる

 

先ほどのセミナーに参加する方法の第二弾ですが、自分のジャンルのもうひとつ上のジャンル(属性)に参加するという方法もあります。

 

そうすることで、お互いの足りない部分を埋めあえるパートナーに巡り合えるかもしれません。

 

例えば私なら、WEBデザインとなりますが、その上のジャンルとしては広告業やメディア業などがあてはまります。範囲が広くなりますが、何か接点を見つけられる可能性があります。

 

 

企業の問い合わせフォームを利用する

 

企業ホームページをよく見てみると「パートナー募集」というメニューがある場合があります。

 

これをネット検索で探してみて、ヒットしたところにアプローチしてみるという方法です。このやり方なら、自分のスキルや照会がd系るだけでなく、お仕事をもらえる可能性もあります。

 

熱意を持ったメッセージなど添えると印象づくのではないでしょうか。

 

例えば私の場合なら、
「自分の住まいの地域+デザイン+パートナー募集」とか、「印刷会社+パートナー募集」というワードで検索する形になります。意外とたくさんの募集が見つけられると思いますよ。

 

誠実な便りには、きちんとした対応をしてもらえます。小さな一歩ですが、人との縁って本当に不思議で、どんな展開になるか予想ができないものだったりします。

 

 

送る内容としては

 

・挨拶
・自己紹介
・自分が仕事を始めたばかりだということ
・何かの時には助け合えるパートナーになりたいということ

 

などがあります。

 

一通のメッセージから貴重な人脈が増えていく可能性がありますので、ぜひ試してみてください。

 

フリーランスの方にアプローチしてみる

フリーで活躍されているであろう方のサイトやブログで「この人のサイト素敵だなぁ~」「この人かっこいいな~」と思うことってあると思います。

 

そういう方に、思い切ってメッセージを送ってみましょう。大抵のブログやサイトには問合せフォームが設置されているはずですので、そちらを利用させてもらいましょう。

 

初めてであること、突然のメッセージであることを踏まえ、失礼の無いように注意するとともにリスペクトの気持ちを込めて言葉を送ってみてください。

 

誠実な便りには、きちんとした対応をしてもらえます。小さな一歩ですが、人との縁って本当に不思議で、どんな展開になるか予想ができないものだったりします。

 

送るメッセージとしては

・挨拶
・自己紹介
・自分が仕事を始めたばかりだということ
・何かの時には助け合えるパートナーになりたいということ

などを送ってみると良いでしょう。

 

同じカテゴリで知り合いが増えることによって「困ったときに相談できる」状況が作れたり、実際にお仕事につながったりということが起きます。

 

一通のメッセージから貴重な人脈が増えていく可能性がありますので、ぜひ試してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
  
トップへ戻る