遅咲きフリーランスのひとりごと

人脈が無い場合はどうすればいい?無いところから作るネットワークとは!

フリーランスで仕事を始めたばかりの時は、知人からの紹介や、周囲から声をかけていただく小さな仕事が非常にありがたい!ということがあります。

 

やはり「人脈」は宝です。また「人脈は金なり」という言葉もあるように、人とのつながりは資産になるほど大事でもあります。

 

とはいえ、だれでもみんな有効な人脈を持っているかというと、それは違います。

 

そんな人脈はないよ!どうすればいいの!?

 

と、という方もたくさんいらっしゃると思います。(わたしもそれ程人脈はありませんでした)

 

では、そんなときはどうするか。

 

人脈がないなら作ればいい!

 

無いところから人脈をひねり出す方法をご紹介します。

「人脈=お客さんゲット」とは考えない。

人脈があると、仕事につながりやすいことは確かですが、「イコール顧客」という考え方では人から嫌わるでしょうね(笑)

 

人脈があまりないという場合には、ネットワークを広げるという意識で動いてみましょう。
自分と同カテゴリのネットワークを広げていくことで、自然な流れで仕事獲得に近い環境が作られていきます。

 

例えば私はWEBデザイナーであると同時に広告データも作成しますし、デザイン以外のデータ作成もすれば名刺・チラシ・ステッカー・看板などなどなんでもやります。

 

広告媒体の何でも屋みたいな感じです。
で、こういった業態での同カテゴリのネットワークは意外に作りやすいってご存知ですか。

 

広告業は窓口を広く持っているし、オープンだったりすることが多いです。
アプローチする方法はいろいろありますが、今の時代であればオンラインがスマートなのではないかと思います。

企業のパートナーに申し込んでみる

「ご自分の住まいの地域+デザイン+パートナー募集」とか、「印刷会社+パートナー募集」などで検索してみてください。意外とたくさんの募集が見つけられると思いますよ。

 

そこでは企業によって募集の内容は違いますが、「デザイナーの登録」が出来たり、「コンペ募集」「外注募集」ということが書いてある場合が多いです。

 

実際のお仕事につながるかどうかはまずは考えず、登録できるところには登録しておくと◎です。実際に対面してお話を伺えればなおベストですよね!

 

繁忙期のデザイナー不足などの際に声をかけてもらえるかもしれません。また、その企業から他の企業に紹介してもらえるかもしれません。

 

どんないいことが起きるかもしれないので、希望をもってトライ!です。
ただし、私の試した結果では、企業でパートナー募集をしているのに「返信すらしてこない」というダメなところも割と多かったという印象でした。

 

そういったルーズな会社には深追いせず、確認などのメールも出す必要もないと思います。

 

誠意のある対応をしてくれない会社とは仕事が出来るとは思えませんので、早い段階で知らせてくれたことを逆に感謝するという感じですね!

フリーランスの方にアプローチしてみる

フリーで活躍されているであろう方のサイトやブログで「この人のサイト素敵だなぁ~」「この人かっこいいな~」と思うことってあると思います。

 

そういう方に、思い切ってメッセージを送ってみましょう。大抵のブログやサイトには問合せフォームが設置されているはずですので、そちらを利用させてもらいましょう。

 

初めてであること、突然のメッセージであることを踏まえ、失礼の無いように注意するとともにリスペクトの気持ちを込めて言葉を送ってみてください。

 

誠実な便りには、きちんとした対応をしてもらえます。小さな一歩ですが、人との縁って本当に不思議で、どんな展開になるか予想ができないものだったりします。

 

送るメッセージとしては

・挨拶
・自己紹介
・自分が仕事を始めたばかりだということ
・何かの時には助け合えるパートナーになりたいということ

などを送ってみると良いでしょう。

 

同じカテゴリで知り合いが増えることによって「困ったときに相談できる」状況が作れたり、実際にお仕事につながったりということが起きます。

 

一通のメッセージから貴重な人脈が増えていく可能性がありますので、ぜひ試してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加