フリーランスの確定申告をもっと簡単に!

青色申告と白色申告の違い

確定申告ではよく耳にするこの2つの申告方法ですが、この大きな違いといえば節税できるかどうかがポイントでしょう。

 

青色申告~手間がかかるが節税効果がある
白色申告~簡単に出来るが節税効果は見込めない

 

なぜ二つの申告方法に節税できるできないといった違いが生まれるのでしょうか。
ざっくり言うと、それは、申告にかかわる「手間」です。

 

二つの違いを見てみましょう。

白色申告

白色申告のメリット

事前の申請も必要としない白色申告は、記入の仕方も簡単。単式簿記といって、会計の知識を特に必要としない、家計簿感覚で申告できるというイメージです。

 

事業所得は20万円以上発生しているものの、まだ節税を意識するほどの収支ではないといった場合ではこちらの白色申告で良いでしょう。

 

白色申告のデメリット

申告が簡単であるということは、申告の内容が細かくないということです。正確でない数字の部分はざっくりとした税務署の判断によって「推計課税」がかけられる場合があります。

 

また、青色申告には節税に関する特典がありますが、白色申告にはそういった特典はありません。

青色申告

青色申告のメリット

青色申告は単式簿記と複式簿記が選べます。単式では10万円控除、複式では65万円控除となるため、青色申告するのであれば複式簿記で申告したほうがお得感は高いですよね。ただし、そのためにはある程度専門的な知識が必要となりますし、会計ソフトも必要となる場合がほとんどでしょう。

 

青色申告の複式簿記ではさらに特典がつく!

 

青色申告のデメリット

事前に青色申告する旨を申告する手間があります。また、複式簿記で申告した場合、内容に不備があると「追徴課税」の対象になる場合があり、初心者がいきなり挑戦するにはリスキーな部分もあります。

 

初心者の場合では、青色申告+単式簿記の組み合わせでまずは10万円控除を狙うというのが安全策と言えます。

青色申告の複式簿記ではさらに特典がつく!

この組み合わせでの申告は控除が65万円とかなり節税できますが、この他にも特典がつくのが最大のメリット。

 

三年間繰り越しで「赤字と収入を相殺」できる!

どういうことかというと、例えば今年80万円の赤字を出したとします。翌年120万円の黒字だとします。この特典の効力により、黒字の120万円から赤字の80万円を課税なしで相殺できるというわけです。これは大きいですよね。

 

一年間の減価償却300万円までを一括計上できる!

通常10万円以上となる経費は一括計上不可となるところ、青色申告+複式簿記の申告では30万円未満まで一括計上可能。トータル一年間で300万円まで一括計上できるようになります。

 

貸倒し引当金の利用が可能

これは例えば、売掛金が未払い回収不可という場合に効力を発揮します。普通であれば「単に泣き寝入りするしかない」のですが、この回収できなかった分の売掛金を「費用」として計上できるのです。これにより課税対象を減らすことが出来ますよね。

 

こんな特典も!

例えば自宅をオフィスにしている場合の、家賃・光熱費からも一部経費とすることが出来たり、家族従業員の給与を課税対象にしない方法もあります。お得がいっぱいな感じです。

結局、青色申告と白色申告どっちにする?

これまでご紹介した内容を読んでいくとわかるように、青色申告で提出することによって、節税内容に大きく差が生まれます。「手間」を惜しまず手続きできるのであれば、やはり青色申告で手続したほうがメリットはかなり大きいですよね。

 

ただし、青色申告はその記入方法などやはり難易度が高い…と、敬遠されがち。ところが最近の会計ソフトはチュートリアル機能や質問サポートもついている場合が多く、充実しています。

 

無料で機能を試したり、実際に無料で使ってみることも出来るので試してみてはいかがでしょうか。

 

クラウド会計でできる、かんたん申告

このエントリーをはてなブックマークに追加