初心者からフリーランス!広告・WEBデザイナーのはなし

WEB制作前に考えるべきモバイルとPCの違い

近年ではモバイルデバイスの利用がPCを上回り、その勢いはやむことなく進んでいます。

 

利用世帯はスマホが普及し始めた2010年から比較してもPC利用の2倍になる勢い。使用時間を見ても、やはりスマホ(モバイルデバイス)はPC利用の約2倍という調べが発表されています。

 

参考:ニールセン調べ

 

はてさて、そんな状況の中、WEBデザインもモバイルをメイン意識改造がどんどんと進んでいます。

 

スマホユーザーに優しいサイト、使いやすいサイト、見やすいサイト、これらのことを意識して制作したサイトでなければ今後制作物の未来に大きく関わってくると思います。

 

レスポンシブデザインにするテクニック、なども重要ですが、それより先に考えなければならないことがあります。
それは、「どんな利用環境でモバイルが使われるのか」です。

 

モバイル…という文字が示すごとく、スマホやパッドなどのデバイスは携帯して利用します。つまり、環境が変わりやすい。そして、種類が豊富で形が様々…。すると、PCとはどんな違いがあるでしょうか。イメージしてみましょう。

スマホ(モバイルデバイス)とPCの比較

スマホの画面はPCと比べ圧倒的に小さい

 

ノートPCでも小型のモノはありますし、スマホでも大きいサイズはあります。とはいっても、画面は小さいです。この小さな画面の中でどのように効果的に訴えていくか。

 

これがレスポンシブデザインを考えるときに柱になっています。でも、他にも気にしなければならないことはありますよ!

 

利用環境が変わりやすい

 

移動式での使用が多いため、ショッピングの途中であったり、ドライブ中、カフェ、ホテル、ビジネスシーンとあらゆるシチュエーションでの利用があるというのもスマホの大きな特徴です。

 

テレビを見ながら調べ物をしたり、ショッピングをすることもありますよね。そんなときに求められるのは「サクサク動く」環境です。

 

スマホはリアルタイムでの要求を求めて操作することが多く、また、利用者は短時間の隙間時間に利用することも多くあるため、ノロノロとした表示スピードのサイトだと判断したら、すぐさま移動してしまいます。

 

あなたも、経験ありますね!?

 

指で直接操作する、タップやスクロールの環境

 

オプションでマウスを付けたり、キーボードを付けることももちろん可能ですが、通常利用であれば「指1本(ないし2本)」で画面を動かしたり、タップして読み進んで行きます。

 

PCであれば→のポインタをクリック箇所に合わせるため、指の太さなどは関係ないですがスマホは操作に「個人差」が生まれます。指の太い人、短い人、爪の長い人、というサイズの問題もあれば、電車通勤通学中などの「揺れる状況」やあるきながらの「徒歩で動いている状況」などです。

 

そのため、クリックするべきボタンは「大きくわかりやすい」だけでなく、シンプルで他のボタンを間違えて押すようなことのない配慮も必要です。

 

通信速度の違い

 

このように移動中がおおいモバイルデバイスは通信速度も不安定です。今柱が4本立ったかと思えば今は1本だったり。このように考えると現代人は本当に忙しく移動しながら通信しているんだな…ということが分かります。

 

そしてやはり、サイトの表示スピードは早ければ早いほどよく、可能な限り軽量化したサイト設計が好ましい訳です。

「ターゲット像」を絞りきることが大切

ここまでのお話で、シチュエーションを考えたサイト設計が必要だということがわかると思います。コーポレートサイト、ECサイト、ブログサイト、といろいろな意図、業種でのサイトがありますが、WEBサイトを制作するにあたり一番考えなければいけないことは「ターゲット像」です。

 

誰に見てもらうのか。どんな目的で見てもらいたいのか。

 

そのユーザーは誰か。そのユーザーが好ましいと思うサイトはどんな内容なのか。

 

このようなことを上記と合わせてイメージし、設計していくとよりよいサイトが作れるのではないかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加